フラット35のつなぎ融資とは?【必要なケースを把握しよう】

最新記事一覧

電卓

便利なシステム

ネットキャッシングはスマートフォンやパソコンで簡単に借り入れすることができるシステムとなっており、人目を気にすることなく利用できるので若い人を主に利用する人が増えています。利用するためにはしっかりと計画を立てることが大事です。

マネー

本審査前の現金調達方法

建物がないとフラット35の本審査が始まらないので、工事着手金と中間金を自腹で払う必要があります。ですが一括で大金を払える人は滅多にいないので、多くの人がつなぎ融資を利用しています。保存登記後、住宅ローンに切り替わった後につなぎ融資のお金を返却するという仕組みです。

財布

即日キャッシングも可能

どうしても緊急にお金が必要になった時に便利なのがネットキャッシングです。パソコンやスマートフォンからいつでも申し込み手続きをすることが可能であり、即日融資も可能となっています。また、借りるのと同様に返済するのも手間がかからず忘れずに返済することが出来るようになっています。

男性

住宅取得時の融資形態

フラット35を利用するにあたり、建物引渡時の融資という条件があります。建物引渡し前に必要となる資金を自己資金で賄えない場合の資金調達方法の一つとしてつなぎ融資があるので、つなぎ融資の利用を検討しましょう。

貯金箱

ネットで申し込もう

ネットキャッシングを選ぶ際の基準として一番重要なのは利用できる時間帯の違いを確認することです。また対応が悪い場合でも他の方法で使いやすいかということも確認してみることが大切なので、ネットキャッシング以外の部分も確認することが重要です。

土地取得費用までのつなぎ

貯金箱

なぜ必要か

フラット35など住宅ローンを利用して家を取得しようと考えた場合には、資金を調達するためのスケジュールが重要になってきますし住宅ローンによる融資が行われるまでに資金を用意しなければならないことがあります。このためつなぎ融資を受ける必要性に迫られる場合があります。つなぎ融資が必要なケースとしては土地を購入して建物を建築する場合で建築物を立てる前に土地取得費用が発生するためです。またこの他にも建物着手金や建物中間金、建物引渡金といった住宅を建てるために必要な資金がフラット35による融資が実行されるまでに支払わなければならない場合には、つなぎ融資を使って資金を調達しなければなりません。フララット35による住宅ローンを組んだ場合の流れとしては、フラット35に申し込み審査を受け、仮承認を受けた段階からつなぎ融資を受けることが可能になります。つなぎ融資はその性質上、金利はフラット35よりも高くなりますが、あくまでもつなぎとして資金を用立てるため金利負担もそれほど大きなものにはなりません。仮承認を受けた段階でつなぎ融資を受けることが可能で、その用途としては土地取得費用、建物着手金、中間金、引渡金などに使うことができます。融資を受けられる金額としては土地取得と建物引渡金では100%の融資が可能で、着手金と中間金は30%程度が融資されます。また住宅ローンのつなぎ融資では住宅ローン審査の結果が担保となるため基本的には担保および保証人を用意する必要がありません。

Copyright© 2018 フラット35のつなぎ融資とは?【必要なケースを把握しよう】 All Rights Reserved.