フラット35のつなぎ融資とは?【必要なケースを把握しよう】

最新記事一覧

住宅取得時の融資形態

男性

融資を受ける方法

フラット35を利用して住宅ローンを借入際の留意点としては、フラット35にはつなぎ融資の形態がなく、建物が引渡しになる際に融資が行われるという点です。新築の住宅を建てる際は、建物資金に先行し土地代金や建物建築にかかる工事着工金、中間金等を支払う必要があります。これらの資金を自己資金で賄うことができない場合は、フラット35を利用し住宅ローンの融資を受ける前につなぎ融資として資金を調達する必要があります。つなぎ融資を受ける方法としては大きく二つあります。一つ目はフラット35を取扱っている金融機関からつなぎ融資を受けるという方法です。この方法では金融機関によって手数料や金利が異なるため、事前に比較したうえで金融機関を選択した方が良いでしょう。二つ目は、フラット35の審査と並行し他金融機関でつなぎ融資と通常の住宅ローンの審査を受け、建物の引渡し時に他金融機関の住宅ローンで調達した資金を全額繰上返済しフラット35の融資を受けるという方法です。最終的にフラット35で融資を受けるという点では一つ目の方法と変わりありませんが、特に取引振りを重視する地方銀行にとってはローンがすぐ返済されるということになりますので注意が必要です。つなぎ融資を受けず、建物引渡し時までの必要資金を自己資金にて賄えればベストですが、もし自己資金を準備できないのであれば、フラット35を利用し住宅ローンの融資を受ける前のつなぎ融資利用を検討しましょう。

Copyright© 2018 フラット35のつなぎ融資とは?【必要なケースを把握しよう】 All Rights Reserved.